Amazonプライム加入すべきか?メリットとデメリットを徹底比較

トモトモ
トモトモ

こんにちは。トモトモです。今回はAmazonが提供する有料会員制度であるプライム会員。このプライム会員の加入メリットを調査しました。

ネットショッピングといえば「Amazon」か「楽天」が有名ですよね。「Amazon」を利用している方であればお馴染みのプライム会員制度費用は、年間プランの場合、税込み4,900円。月額プランは500円

倹約家のトモトモ、年間4,900円は高いんじゃなーい。と考えていましたがメリットの多さに気づき3年前から加入しています。

では、デメリットは何か?からまず説明してゆきましょう!!

スポンサーリンク

Amazonプライム会員のデメリットは何??

まず、Amazonプライム会員のデメリットですが、費用がかかる点。

 

え~、それだけ。

 

 

費用だけって思う方も多いかもしれませんが、利用しない人には固定費になります。このため、メリットを理解してから加入するべし。

一般  プライム月間 ¥500/月
プライム年間 ¥4,900/年(月換算 ¥ 408/月)
学生  プライム月間 ¥250/月
プライム年間 ¥2,450/年(月換算 ¥ 204/月)
スポンサーリンク

Amazonプライム会員とは?

Amazonプライム会員になると「Amazon」からいくつかのメリットが受けられます。

会員特典対象の映画・TV番組・アニメ見放題
お急ぎ便・お届け日時指定便使い放題
Prime Musicで200万曲以上聞き放題
Amazon Photosで写真を容量無制限に保存

など追加料金なしで受けられる。30日間無料トライアルをやっているのでまずは無料で試してみて!!

無料の配送特典

まずは、無料配送特典。Amazonプライム会員になると、対象商品のお急ぎ便、届け日時指定便が無料に!!これがAmazonの無力の1つ。今日頼んだ商品が明日届くんです。これには流石の私も驚きました。

急いでいないので使う必要は無いと思うかもしれませんが、でも prime マークがついている製品はすべて送料も無料。送料って意外と高いんですよね。

また、頼んだものがすぐに届く、これを体験をすると本当に便利なのが分かります!!

Prime Videoが見放題

これもプライム会員の魅力の1つ。会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題。日本映画、海外映画、ドラマなども対象。また、デバイスを問いません。PC、スマートフォン、タブレットはもちろん、TVの大画面でも視聴可能。自宅はもちろん外出先、移動時間などでも楽しめるのがこのPrime Videoのサービス。

どこでも視聴できるのが本当に無力的!!

Prime Music

Amazonが運営する音楽サービスがAnazon Music。これが無料で視聴できます。200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができる。

200万曲と無料なので視聴できる音楽数は少ない。でも、さらに月額780円を払えば、Prime Music Unlimitedにアップグレードもできます。こちらは6500万曲が聞き放題。

spotifyなどのサービスと比べると邦楽の音楽量が少ない点がデメリットです。

Amazon Photos

クラウド上の写真を保存できるAmazon Driveを容量無制限できちゃいます。スマホの容量が足りなくなった特に保存先としてAmazon Photosを利用するのも良いかもね!

Amazonフレッシュ

生鮮食品から日用品まで、まとめてお届けするサービス。対象エリアが限定されるので利用の際は中が必要です。
詳細は、Amazonフレッシュをご覧ください。




プライム会員限定先行タイムセール

タイムセールの商品を、通常より30分早く注文。人気の製品もあるので30分でも早く注文できると便利ですよね。ディズニーランドのサービスみたい。気になる製品を通知する機能もあるのでお買い得製品をチェックして得しちゃいましょう。

Prime Reading

対象のKindle本(雑誌、マンガ、Kindle Singlesを含む)を追加料金なしの読み放題でご利用できる。無料で読める本は限られますが、これもPC、スマートフォン、タブレットで読めるので魅力的なサービスです。意外なビジネス書が無料で読めるので便利ですよ。

家族と一緒に使い放題

会員ご本人のほかに、同居のご家族を2人まで家族会員として登録できます。家族会員の方も会員の皆様と同様、お急ぎ便やお届け日時指定便を無料でご利用いただけます。詳細は、Amazonプライム家族会員を登録するをご覧ください。

プライム限定価格

一部の対象商品を、通常の価格よりも割引されたプライム限定価格で買うことができます。

プライム会員のメリット VS デメリット

人によって用途は違いので断言はできませんが、プライム会員はお買い得

  • 蔦屋書店やゲオなどでDVD等のビデオをよく借りる方
  • 音楽配信アプリを有料で契約しており洋楽を主に聞く
  • ビジネス図書を良く購入される方
  • Amazonで良く買い物をする方

上記4つの項目で1つでも当てはまった場合は、プライム年間 ¥4,900/年で上記特典を得ることができますのでプライム会員への加入をお勧めします。

最後に

Amazonのプライム会員の魅力について書いてみました。気になる点は今後値上げするリスクがある点。今まで3,900円だったのが4,900円と1,000円の値上げが2019年4月に行われました。魅力あるAmazonプライムだけに日本でもさらに値上げされるかもしれませんね。


関連記事



関連記事



VOD
トモトモブログ