映画『10万分の1』の人気の理由。桜木莉乃はどうなるのか?ネタバレ

今、映画界では救世主となるべく鬼滅の刃ブームが到来していますが、あくまでもアニメ。クリスマス前にちょっと素敵な感動を味わいたいと思っている女子中高生におすすめの映画『10万分の1』が、いよいよ2020年11月27日(金)より全国公開されます。

EXILEのパフォーマーであり、GENERATIONS from EXILE TRIBEのリーダーを務める白濱亜嵐と、平祐奈のW主演が注目されていますが、宮坂香帆のコミック「10万部の1」がの実写版。

どんな逆境でも立ち向かう力をくれる、感動の純愛ラブストーリー。なんと120万部を突破し大ヒットを記録し人気の作品なのです。

10万分の1(漫画)9巻はこちらからで購入できますよ。

スポンサーリンク

映画『10万分の1』のあらすじ

告白して気まずくなるくらいなら友達のままでいい。学校中の女子はもちろん、男子からも憧れの存在である桐谷蓮(白濱亜嵐)に想いを寄せる桜木莉乃(平祐奈)は、そう思っていた。

ところがある日、親友の橘千紘(優希美青)の企みで一緒に帰ることに。ここから運命が変わるのだ。

授業中、突然「昼休みに、二人で話したい」のメッセージが書かれた付箋。蓮の方から「好きだよ」「とくかく全部すきなんだ。自分でも変な子好きになったと思うけど」と打ち明けられ、誰もがうらやむ両想いの日々が始まる。

2人で過ごす時間が何よりも大切なものに変わる頃、「10万分の1」の確率でしか起こらない、ある運命が降りかかる──。

莉乃の足がうごかなくなってしまうのだ。病院で検査を受けることになるのだが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という治療法が見つかっていない病気にかかってまう。ALSは、10万人に1人の確率でかかる難病」。さて、蓮は、莉乃は、どんな決断をするのか…。

引用:宮坂香帆・小学館/2020 映画「10 万分の1」製作委員会

スポンサーリンク

桜木 莉乃がかかるALS(筋萎縮性側索硬化症)とは?

ALSは、運動神経系が少しずつ老化し使いにくくなっていく病気。運動神経系の障害の程度や進行速度は個人によって異なります。長い間、発症後3~5年で生じる呼吸筋麻痺や嚥下筋麻痺で亡くなる病気とされてきました。

しかし、現在では呼吸の補助や経管栄養、胃ろうなどの発達により、長期に療養することが可能となっていますが、有効な治療法はまだ無いようです。

駅のホームで2人が見つめ合うシーンは上毛電鉄の大胡駅

映画「10万分の1」で印象的なシーンといえば、駅のホームで制服姿の2人が見つめ合う場面。このシーンですが、撮影されたのは群馬県を走る上毛電鉄の大胡駅。劇中でも上毛電鉄の列車が登場するんですよ。

「上毛電鉄は群馬県の中央前橋駅と西桐生駅を結ぶ路線距離25.4kmのローカル線。両端の駅がどちらも他の路線と連絡しないという極めて珍しい路線で、映画で使われたのは、「上毛電鉄700形」です。2011年まで京王電鉄井の頭線を走っていたそうですよ。

映画『10万分の1』の登場人物

桐谷 蓮役(白濱 亜嵐)

引用:©宮坂香帆-小学館/2020映画「10万分の1」製作委員会

1993年8月4日生まれ、愛媛県出身。
2012年GENERATIONS from EXILE TRIBE パフォーマーとしてメジャーデビュー。

2014年4月にEXILE新パフォーマーに決定し、EXILEに加入。GENERATIONSのリーダーも務め、EXILEと兼任しながら活動、DJ(楽曲制作)としても活動中。

『10万分の1』では、剣道部に所属し、学校中の女子からも男子からも憧れられる存在で人気者。桜木莉乃への想いは強く、真っ直ぐで優しい役を演じています。

桜木 莉乃(平 祐奈)

引用:©宮坂香帆-小学館/2020映画「10万分の1」製作委員会

1998年11月12日生まれ、兵庫県出身。

是枝裕和監督の『奇跡』で女優デビュー。その後もコンスタントに、『紙の月』、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』、『青空エール』、『キセキ -あの日のソビトー』、『ReLIFE リライフ』、など話題作に出演しています。

2019年12月8日開催の「JALホノルルマラソン2019」でフルマラソンに初挑戦し完走しています。

『10万分の1』では、剣道部のマネージャーで蓮のことが好きだが、なかなか気持が伝えられない桜木莉乃を演じます。蓮から告白され付き合うことになり、とても幸せな中、ALSという難病が発覚し、苦悩するという辛い役を演じています。

橘 千紘(優希 美青)

1999年4月5日生まれ、福島県出身。
第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン2012でグランプリに輝きデビュー。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演して注目される。

『10万分の1』では、莉乃の親友で比名瀬祥の恋人役。莉乃の恋をサポートし応援する友達想いのキャラクターを演じています。

比名 瀬祥(白洲 迅)

1992年11月1日生まれ、東京都出身。
2011年、舞台「ミュージカル テニスの王子様」でデビュー。主な出演作は、「ごめんね青春!」、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、「僕だけがいない街」、『リバーズ・エッジ』

『10万分の1』では、桐谷蓮の親友であり、同じ剣道部に所属。橘千紘の恋人で蓮と莉乃の恋を一番近くで応援する頼もしいキャラクター。

映画『10万分の1』最後はどうなるのか?ネタバレ

原作の漫画では、結婚しなんと双子の男の子と女の子を出産するんです。ラストシーンはこんな感じです。

双子を出産し月日が流れて、家族4人で海に行くシーンで終わります。

四葉のクローバーを見つけた凛と礼太は、莉乃の髪に差してあげています。ずっと蓮におんぶをされている莉乃を見た子供たちは、「自分もー!」と駄々をこねるのですが、蓮の背中は莉乃以外に譲る気はありません。

「パパの背中はパパの一番の人の特等席なんだ。」「凛と礼太もいつかきっと一番の人が現れるから、それまではお預けだ。」

莉乃はALS(筋萎縮性側索硬化症)が進行し歩けなくなりました。手も動かなくなり、声もほとんど出なくなりました。ひとつひとつ失うものが増えていきました。

しかし失った分、手に入れたものも確かにこの手の中にはあります。大好きな人たちを思う心は、強さは誰にも負けません。体が変化しても心は変わりません。(何を失ってもいつだって私の心は自由だ)

映画『10万分の1』の見どころ

この映画の見どころは、何といっても莉乃と蓮の愛。ALSという難病にかかりながらも消して逃げ出さず、例えどんな困難が待ち構えていようとも、莉乃と蓮がふたりで前向きに立ち向かっていくところ!!

そして、いつでも莉乃に一途な蓮の姿にも惹かれる姿に誰もが感動するのです。漫画では莉乃が亡くなることはなかったのですが、映画ではどうなるのでしょう。ますます楽しみですね。

映画『10万分の1』はいつまで公開されるのか?

映画『10万分の1』は、2020年11月27日(金)に公開開始になりますが、公開終了日についてはまだ決まっておりません。実際は、上映される映画館によって変わると思います。目安としては、2カ月程度なので1月頃まででしょう。

通常は1か月弱~続いても2か月で放映終了となるケースが多いのですが、『10万分の1』は女子中高生に話題の作品だけに公開が伸びる可能性はあると思います。なので皆様早めにご視聴くださいね。

ずばり公開期間予測:11月27日~1月中旬頃 ???
※映画館で必ず確認してください。

映画『10万分の1』主題歌はStar Traveling

映画「10万分の1」の主題歌は、GENERATIONS from EXILE TRIBEの新曲「Star Traveling」。この映画のために書き下ろされたバラード。白濱 亜嵐は主演に加え主題曲も提供するという大活躍。

この曲のイメージですが、「劇中ともリンクする楽曲になっていて桐谷と莉乃の恋愛の想いも詰まった夜空の見えるようなバラードになっています」と白濱さんは伝えております。

最後に

注目の映画『10万分の1』。単行本は全9巻で、「このマンガがすごい!WEB」で紹介されると、「涙なしでは読めない」と一気に火が付き、累計120万部を突破した人気作品。映画では、莉乃と蓮がどうなるのか?映画館で確認してみてください。

絶対読みたい!!入場者特典『鬼滅の刃 煉獄零巻』の内容を初公開。

 

関連記事



関連記事



映画
トモトモブログ