NiziUヒルマンニナは、アミューズ所属。日本名は、牧野仁菜

NiziUヒルマンニナは、アミューズ所属。日本名は、牧野仁菜

今注目のガールズグループ「NiziU(ニジュー)」。 2020年11月にデビューした9人組のシンデレラガールズグループ。メンバーは韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントと、日本のソニーミュージックによる日韓合同オーディション「Nizi Project」から選出されました。その中で日本人離れしたルックスと歌声を披露しているのがNiziUの末っ子ニナちゃんだ。

でも実は、「Nizi Project(ニジプロ)」の最終順位は9位で本当に最後の最後でJYPさんに呼ばれたメンバーなんですよ。今回はそんなニナちゃんを徹底分析しちゃいます。

スポンサーリンク

天性の歌声、ヒルマンニナ15歳

天性の歌声のヒルマンニナ15歳

 

本名:ヒルマンニナ
誕生日:2005年2月27日
年齢:15歳
出身地:アメリカ•ワシントン州
身長:167cm?
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞/運動
特技:口を使った芸/甘えん坊
一言:みなさん、こんにちは~!!私は虹プロの末っ子ニナです~♡
いつも明るくて新しいことに挑戦するのが大好きです。これからも沢山の応援をよろしくお願いします!

ニナちゃんは、Nizi Project(ニジプロ)」の東京合宿では

  • ダンスレベルテスト:24位
  • ボーカルレベルテスト:2位
  • スター性テスト:キューブ獲得
  • 東京合宿最終順位:7位

この結果からも分かる通り抜群の歌唱力で勝ち残った歌姫がニナちゃんなのです。

 

スポンサーリンク

ヒルマンニナちゃんは、アミューズ所属で牧野仁菜

ヒルマンニナちゃんは、アミューズ所属で牧野仁菜

 

ご存じの方も多いのかもしれませんが、ヒルマンニナちゃんは、2017年に「アミューズ マルチリンガルアーティストオーディション」に合格し、アミューズに所属していたのですよ。当時は日本国籍名の「牧野仁菜」として、女優として活躍していたそうです。

Eテレ放送「すイエんサー」の”すイエんサーガールズ”としても活躍していた時期もあるようです。アメリカ時代も子役として活躍してたとの事で小さなころから才能にあふれていたのでしょう。

また、ニナちゃんはアメリカ出身。日本人の母親と、アメリカ人の父親との間に生まれたハーフなので、英語はもちろん、フランス語もしゃべれるトリリンガルなのです。

ヒルマンニナちゃんのメンバーからの評価

ヒルマンニナちゃんのメンバーからの評価

 

NiziUの末っ子であるヒルマンニナちゃんですが、他のメンバーからはどのように思われているのでしょうか?

【MAKO】NiziUの末っ子ちゃんで、とても明るい性格で、ボーカル面では優れた才能を持っていてチームに必要な存在です。最初の印象はとてもかわいくてモデルさんかと思いました!

【RIO】本当に明るい末っ子ですね。はじめから印象の変化が一番ないメンバーです。そして何より高音が本当にうらやましい!! ニナがグループにいるだけで歌唱力がグンっと上がるので、末っ子だけど末っ子じゃない2つの顔を持ってるニナは強いです!(笑)

【MAYA】みんなの妹みたいな存在で、心優しい甘えん坊な性格です! 本当にきれいな歌声をしていてグループに欠かせない存在です!

【RIKU】いつも明るくてハイテンションなマンネ(韓国語で末っ子)。

【AYAKA】みんなのことをたくさん褒めてくれる良い子です。

【MAYUKA】甘えん坊で遊ぶのが大好きで、いじられ愛されキャラです! 普段の声はそんなに大きくはないのに、歌になると急にパワフルボイスになるのでその差がおもしろいです(笑)。

【RIMA】いつでもどこでも甘えん坊で本当に末っ子感満載です(笑)。そんなニナですが、自分なりにいろんなことを考えて真剣に相談してくるので、そういうギャップが本当にすごいです。2人でいる時は英語でしゃべるんですが、休みの日はよく一緒に小学生の頃流行った外国のパソコンゲームで遊んでます。

【MIIHI】NiziUの末っ子ニナ! 本当にいつも元気で甘え上手です! また、歌声がとてもパワフルでNiziUの最強ボーカルです!

やはり、自分でも言っている通り甘えん坊。でもパワフルな歌声で人々を魅了する最強のボーカルだと思われているようです。

ヒルマンニナちゃんのベストパフォーマンス

ヒルマンニナちゃんのベストパフォーマンスは、土壇場で披露した東京合宿のボーカルテストで披露した2PMの『I`ll Be Back』です。

ダンスを習ったことがなかったNINAは、東京合宿で独学で練習したダンスを披露すると、J.Y. Parkさんから「歌手になりたい人に見えません。優れた才能を持っているので、それを活かせるかはNINAさん自身です」と厳しい評価を受けてしまうのでした。

そこから起死回生の思いで披露したパフォーマンスが、『I`ll Be Back』。謎のポーズから始まり、自作のダンスを披露しました。ボーカルテストなのでダンスを披露する必要は無いのですが、ダンスパフォーマンスで力を発揮できなかったのが悔しかったのでしょうね。

J.Y. Parkさんからも「その前にダンス評価で悪い評価を受けたけど、がっかりしなかった。ボーカルにダンスも合わせてパフォーマンスするから本当に驚きました」というコメントを頂いております。

元々才能があり、努力家で頭もいいニナちゃんだからこそできたパフォーマンスなのでしょうね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

NiziU(@niziu_artist_official)がシェアした投稿

 

最後に

ヒルマンニナちゃんについて記載してみました。正に歌姫にふさわしい才能を発揮しているニナちゃん。ダンスパフォーマンスにおいて自信がなかったニナちゃん。でも努力することで見事夢を掴むことができました。また、もともと頭も良く努力家、しかも美人。今後成長してゆく過程の中でどんな女性になってゆくのでしょうね。これからもニナちゃんの活躍を応援してゆきましょう。

NiziUのお母さん勝村摩耶(マヤちゃん)は、TinyTony出身だった

missAスジにそっくり、NiziU新井彩花(アヤカちゃん)の魅力

関連記事



関連記事



NiziU
トモトモブログ