NiziUの大江梨久(リクちゃん)は空手黒帯。出身は京都東宇治高等学校

NiziUのお母さん勝村摩耶(マヤちゃん)は、TinyTony出身だった

NiziUの中で成長が著しいメンバーと言ったらリク(大江 梨久)ちゃんですよね♪

いつも明るく自信に満ち溢れたリクちゃんは、「NiziU(ニジュー)」の中でメンバーのビタミンとして元気に活躍しています。

リクちゃん本人も「同じ夢を持っている人とおしゃべりするのは大好きでと言うくらい人懐っこく明るく振る舞うリクちゃん。

そんなリクちゃんを今回は徹底分析しちゃいます。

スポンサーリンク

NiziU夢を掴んだ大江梨久(リク)18歳

 

本名:大江 梨久 (おおえ りく)
生年月日:2002年10月26日
年齢:AB型
趣味:モッパンを見ること
特技:空手 / 人の誕生日を覚えること

一言:みなさんこんにちは!梨久です。デビューできるよう自分らしさを忘れずにがんばりたいと思います!応援よろしくお願いします。♡

笑顔可愛いリクちゃんは18歳。京都出身でなのですよ。

だから同じ京都出身のマユカちゃんとは仲がいいんです。リクとマユカはNijiプロジェクトの時から仲良しで、リクは自分の事では涙を流しませんが、マユカが褒められるたびに号泣していたのですよ。

同じ地方からのオーディションを受けていたので二人の絆は強いものがあります。

出身学校は、京都府立東宇治高等学校。こんなかわいい女子高生がいたら誰でも一目惚れしちゃいますよね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

RIKU🌈🐿(@niziu__riku)がシェアした投稿

スポンサーリンク

NiziU リクちゃんと言えば空手、黒帯保持者

リク(大江梨久)さんは幼稚園の頃から小学校6年生まで空手を習っており黒帯保持者で、実力はトップクラス。

空手をしていたことで下半身がしっかりしており、ダンス中に軸がブレがないとJ.Y.Parkさんから高評価を受けました。

空手を始めるとかわいい見た目からは想像つかないくらい急に目つきが、ガラッと変わります。流石黒帯保持者、空手になると闘争本能に火が付くのでしょうね。

この豹変ぶりに誰もが驚きました。

NiziU リクちゃんは京都府立東宇治高等学校

NiziU リクちゃんは京都府立東宇治高等学校で部活には入っていなかったようです。

中学校の頃は、吹奏楽部だったようで歌やダンスは独学で学んだのでしょうね。

素人だったリクちゃんがNiziUとしてデビューできたことは正にシンデレラストーリーで、努力の賜物でしょう。

 

NiziU リくちゃんのFamily

リクさんの家族構成については残念ながら公表されていませんでした。

インタビュー記事によればご両親とお兄さんがいるようなので4人家族なのでしょうね。

 

私の両親は「夢みたいで信じられない!」っていう様子で、でもなぜか兄だけは私なら絶対受かるという自信があったらしく(笑)、「俺はRIKUなら受かると信じてた」ってすごく喜んでくれていました。

NiziUリクちゃんのベストパフォーマンス

リクちゃんのパフォーマンスはどれも素晴らしいのですが、J.Y.Parkさんが選ぶリクちゃんのベストパフォーマンスは、「Who’s Your Mama?」

「この曲は遊び人みたいにちょっとフラフラした感じで歌わないといけないですが、RIKUさんは真面目で真っ直ぐな感じなので、どう歌いこなすか心配です」とJ.Y. Parkが懸念されていました。

ただ、実際は、まじめな印象を吹き飛ばすきっかけになった圧巻のパフォーマンスを披露してくれました。

普段のリクちゃんが持つ印象とはまったく異なった雰囲気のパフォーマンス。

プロデューサー・J.Y. Parkさんの持ち歌であるにも関わらず驚きの演技を披露してくれました。ここから自分もリク推しになったのを覚えております。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

RIKU🌈🐿(@niziu__riku)がシェアした投稿

 

1か月間のトレーニングを受けた練習生に期待できる最高のレベル。ただの振り付けと、振り付けに雰囲気を乗せるのは全然違う。

今のリクさんは雰囲気まで出せている。激しいダンスをしているのに、音程も発音も安定していた。自分を表現する能力・歌・ダンス、驚くほど成長していると大大大絶賛!!

NiziUリク、モモカ、ユナの「Heart Shaker」

韓国合宿のチームミッションで披露したのがTWICEの「Heart Shaker」。

チームメンバーは、リク、モモカ、ユナの3人。当時の感想では、「歌のレッスンも、毎回喉が痛くなるくらい結構(キーが)高い曲で大変だった」「自分なりに実力を高められるように頑張った」と語っていました。

この頑張りが実り本番では綺麗な高音をキープしながらキュートでパワフルなダンスを見せることができたのでしょう。

そんな彼女を、J.Y. Park氏は「ガールズグループに求めるものを全部見せてくれた。RIKUさんがNizi Projectにいなかったらどうなっていたんだろう」と絶賛。

リクちゃんもこんな言葉を頂いたからこそ「今までいただいた褒め言葉の中で1番嬉しかった」と正直な気持ちを語っていました。

 

今後の活躍に期待

J.Y. Parkさんは「リクさんは自分の中に色々な姿があると思います。だからその色々な姿を自由に見せてほしいです」と、リクちゃんの今後に期待すると語りました。

一方リクちゃんは今後の目標として「国境を超えてたくさんの人に愛されるようなアイドルになりたいと思うし、NiziUって言ったら誰も知らない人がいないくらいの大きな存在になりたいと思っています」と将来の夢について語ってくれました。

 

NiziUのイメージカラー決定、虹色に白とピンクを追加した本当の理由

最後に

韓国合宿の個人レベルテストの前では不安から涙を流す姿も見せていましたが、力強い高音を武器にチームのパフォーマンスレベルを上げるリクちゃん。

ミッションを重ねる度に圧倒的な成長ぶりを見せつけ、ファイナルステージでは10位から2位へと驚異のランクアップを果たしJました。

この事には.Y. Parkさんも驚いていましたね。こんな魅力あふれるリクちゃんの今後の活躍に期待しましょう。

 

NiziUファンなら是非持ちたいおすすめ厳選グッズ8選

初歌唱に感動「NiziU」の勢いは止まらない。今から学ぶNiziU初級編

Niziu夢を掴んだ横井 里茉(リマちゃん)。その魅力を徹底分析

 

 

関連記事



関連記事



NiziU
トモトモブログ