誰でも3分で作れるホットスムージーとは?ホットスムージーの効果は?

NiziUヒルマンニナは、アミューズ所属。日本名は、牧野仁菜

最近、運動不足に悩んでいませんか?

仕事はテレワーク、遊びにも行けない、ジムにも通えない。外を走るのも寒いし。。。。
1日の歩数を調べてみる「0歩」。こんな生活を続けていると体重が増えるばかり。

 

生活環境を変えなければと思っている方にお勧めなのがスムージー生活。

スムージー(Smoothie)は、凍らせた果物、又は野菜等を使った、シャーベット状の飲み物で酵素やビタミンなど体に良いものを1度にとれるので人気のダイエット方法。

 

食事よりもカロリーが抑えられる事もあり朝食の代わりにスムージーを飲む方も多いですよね。でも今の時期は寒いのでスムージー生活をあきらめている方にお勧めなのがホットスムージー。

 

ホットスムージーは、体を内側から温めてくれ、温かいのにスープやポタージュとは少し違うのです。言葉の通りあたたかいスムージーなのでですよ。

 

そこで今回は、ホットスムージーについてご紹介してゆきます。

 

スポンサーリンク

ホットスムージーとは? ホットスムージーの効果は?

 

ホットスムージーとは、冷たいスムージーを温めるだけっで簡単に作れるスムージーの事。

ただ、気を付けなければならない点は温めることで熱に弱い酵素がなくなってしまう所。

酵素がなくなるなら意味がなーい。っと思う方もいるかもしれませんが、温めることで効果もあるんですよ。

 

ホットにすることで消化器官が働き、カラダの代謝がアップするのです。

それではホットスムージーの効果をご紹介します。

 

1.カラダが温まる

寒い季節に冷たい飲み物を摂ると、カラダ全体が冷えて代謝を下げてしまいます。

逆に暖かい飲み物をとれば代謝があがります。つまりホットスムージーを飲み事でカラダが温まり血行を良くすることで、冷えや風邪など、さまざまな体調不良の予防に繋げることができるのです。

2.抗酸化力アップ

スムージーによく使われているのが野菜です。

特ににんじんやほうれん草・かぼちゃに含まれるβ-カロテンは、加熱することにより吸収量が増加します。β-カロテンは強い抗酸化作用を持ち、カラダに増加しすぎた活性酸素を除去する働きがあるのですよ。

3.カルシウムの吸収力がアップ

スムージーによく入れる食材としてヨーグルトがあります。

このヨーグルトですが、温めて摂ることで胃腸の働きが活発になるのですよ。でも乳酸菌やビフィズス菌は加熱し過ぎて50℃以上になると菌が死んでしまうので温めすぎに注意してください。

4.便秘効果

腸を冷やすなっていう言葉聞いたことありませんか?

実は、腸は体内で熱を作る役割があり腸が冷えると、お腹の痛みや下痢、体の疲れやすさや肩こりなど体にデメリットが起きることがあります。暖かいホットスムージーを飲むことで腸を温める効果があるのです。

 

スポンサーリンク

ホットスムージーのおすすめレシピ

ホットスムージーですが、実際どんな感じで作れば良いのでしょうか?
そこでおすすめのレシピを調べてみましたのでいくつかご紹介しますね。
普通にスムージーと同じように誰でも簡単に作れちゃいますよ。

豆乳&きなこ&バナナで作る ホットスムージー

まずは、豆乳&きなこ&バナナで作る ホットスムージー。
スムージーの定番のメニューです。
用意するのは、豆乳200cc、バナナ1/2本、きなこ大さじ2/3、はちみつお好みで。



作り方
1.豆乳、きなこ、バナナをミキサーにかける(お好みではちみつを入れる)。
2.マグカップに注ぎ、500Wのレンジで1分温める。


 

ミキサーでさらさらになるまでよく混ぜると美味しくできますよ!

きなこがいい感じですね、おいしい。

モコモコとろ〜り♪ バナナの優しい甘さと香ばしいきな粉が美味♡

 

かぼちゃとヨーグルトのホットスムージー

次は、かぼちゃとヨーグルトのホットスムージー。
用意するのは、かぼちゃ80g、生姜1片、お湯100ml、ヨーグルト100g、はちみつお好みで。



《作り方》
1.カットしたかぼちゃとスライスした生姜を電子レンジで4~5分加熱
2.1の材料とお湯をミキサーにかける
3.ヨーグルトを混ぜこんで電子レンジで30秒加熱
4.はちみつをトッピングして出来上がり。


 

生姜を加熱すると、ショウガオールという成分が増え、カラダを芯から温めてくれますよ。

かぼちゃのビタミンCは熱に強い性質があり、ホットスムージーでもしっかり摂れおすすめです。

 

ホットグリーンスムージー

 

最後は、ホットグリーンスムージー。
用意するのは、バナナ1/2本、ほうれん草 または 小松菜1~2わ、豆乳50ml、水100ml、生姜1片、はちみつお好みで。



《作り方》
1.材料をミキサーに入れ、滑らかになるまで撹拌します。
2.カップに移し、電子レンジで2分。
3.飲みにくければはちみつをくわえても良いですよ。


 

しょうがが良いアクセントになって美味!寒い朝にぴったりですね♪

温かくて美味しい〜!甘酒を入れてもおいしいですよ。また作ります!

忙しい方には温スムージーがおすすめ

如何でしたかホットスムージー。
作り方は色々あるので自分オリジナルレシピを見つけてみてください。
温スムージー作りにおすすめなブレンダーをお探しの方は下記の記事も読んでみてください。

スムージー作りに最適。2021年版おすすめブレンダー大全集

 

でも、自分で作るスムージの最大の弱点は、ミキサーを利用する所。
自分でアレンジできるメリットはあるのですが、ミキサーを使わないといけないので、ミキサーを洗うのが手間なのです。

そんな方にお勧めは、はるな愛オススメ温スムージー。



 

ぽかぽかスープ仕立て やさいとろける温スムージー

スムージーという名称ですが、実は、お湯に溶かして作る「スープ」なのです。
しかも1杯あたりたったの24kcal!

粉末タイプなのでミキサーを利用する必要がないんです。
ミキサーを洗う必要がないのがいいですよね。

しかも「やさいとろける温スムージー」には4つのおすすめポイントがあるのですよ。

 

1.ダイエットをサポートする328種類の酵素成分
2.すっきりをサポートする乳酸菌成分や食物繊維
3.コラーゲンなどの美容成分
4.ビタミンやミネラルなどの健康成分

 

ご興味ある方は下記記事も見てみてください。

ぽかぽかスープで置き換えダイエット やさいとろける温スムージー

まとめ

運動不足気味の生活が続いている方におすすめするホットスムージー如何でしたか?

これからの新しい生活に向けてスムージー生活にチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。ただしダイエットで取り入れる場合は、無理をしないでください。

ダイエットは続けることが重要なので!!

関連記事



関連記事



ダイエット
トモトモブログ