TWICEついに解散の危機?韓国アイドルに広がる魔の7年のジンクスとは

日本でも人気No1 KPOPアイドル「TWICE」。

2015年10月にJYPエンターテインメントよりでデビューした9人のガールズグループです。

「TWICE」の魅力は、メンバー全員の美貌。韓国人・日本人・台湾人と多国籍なグループですが、全員が各国ごとの美人要素を多くもっており、並んでいるだけで圧巻。

可愛い感じから、カッコよくてセクシーな部分もあり、多くのファンを魅了しています。

 

グループ名の「TWICE」ですが、英語で「二回」や「二度」を表していて『いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる』という意味が込められているのですよ。

 

この「TWICE」ですが、ついに魔の7年目のジンクスを迎えるなってしまいました。(´;ω;`)

そこで今回は、韓国アイドルに広がる魔の7年のジンクスとTWICEの解散の危機について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

韓国アイドルに広がる魔の7年のジンクスとは?

引用:https://www.instagram.com/twicetagram/

まずは、韓国アイドルに広がる魔の7年のジンクスについて解説してゆきたいと思います。

実は、韓国では「魔の7年ジンクス」という言葉あるほど、多くのガールズグループがデビュー7年目くらいのタイミングで解散しているのです。

韓国では、芸能人と芸能事務所の専属契約期間は最大で7年となっており、再契約を必要とする7年目になると契約問題が勃発し、解散してしまうグループが多いことから魔の7年ジンクスと言われているのです。

過去にも、4minuteやRAINBOW、SISTARやmiss Aなども同様の時期に解散しています。

このため絶大的な人気を誇るTWICEも解散するのではという噂がささやかれているのです。

スポンサーリンク

韓国の5人組ガールズアイドルグループ4minuteの解散の理由

引用:https://japanese.joins.com/

まずは、韓国の5人組ガールズアイドルグループ4minuteの解散の理由も見てみましょう。

4minuteは、2009年6月15日にCUBEエンターテインメントからデビューしました。

グループ名の由来は4分間で、魅力を最大限伝えたいという理由から名づけられています。

メンバーは、ジヒョン、ガユン、ジユン、ヒョナ、ソヒョンの5人で2009年6月にシングル「Hot Issue」でデビュー、このシングルが各種音楽チャートで上位にランクインし、サイワールド・デジタル・ミュージック・アワードでは「今月の歌」に選ばれています。

日本でも「Muzik」が話題になりましたよね。

この4minuteですが、ヒョナさんを除く4人と専属契約をしないことになり解散となりました。

その当時ジユンさんが解散の理由についてこのように語っております。

「4Minuteを引き続きやっていきたいという気持ちもあったものの、演技をやりたいメンバー、歌を歌いたいメンバー、アイドルではない他の音楽をやってみたいメンバーなど、それぞれが求める方向性が違う。これが解散の理由です」

不仲説もありまりたが、目指す方向性が問題だったようですね。

韓国の女性7人組アイドルグループRAINBOWの解散の理由

 

次は、韓国の女性7人組アイドルグループRAINBOW。

RAINBOWは、2009年に結成。KARAを輩出した大手事務所、DSPメディアからデビューしました。

当時は、KARAの妹グループとして大きく注目され代表曲は、「A」や「MACH」です。

 

グループ名のRAINBOWは、「メンバーが7人いるグループ」ということで練習生時代につけられたニックネームなのですよ。

RAINBOWも7年目のジンクスで専属契約満了に伴い、更新契約しない事決まり2016年10月28日に所属事務所より解散が公式発表されました。

解散の主な理由は、実力不足とささやかれております。現に音楽番組で1位を獲得しておりません。

確かに先輩グループ「KARA」と比較すると日本での人気はそこまでありませんでしたからね。

でもメンバーは仲が良く、10周年を迎える2019年に期間限定で再結成したのですよ。

ポップな音楽が魅力だったSISTAR開催の理由

引用:https://www.instagram.com/official_sistar/

次は、2017年5月23日解散を発表をしたSISTARです。

今までもKPOPアイドルとは、ちょっと違った魅力を醸し出していたのがSISTARです。

 

名前の由来は姉妹(Sister)と星(Star)で、「姉妹のような身近なイメージを持ちながら、音楽界の大きな星になる」という意味が込められているそうです。

 

メンバーは、ヒョリン、ボラ、ソユ、ダソム。

SISTAR解散の理由は、不仲説などがささやかれていましたが、実際のところ、 仲が悪かったわけではなく、体調不良が原因だったようです。

解散後は、ヒョリンは歌、ボラはバラエティ、ダソムは演技、ソユも「HEART SIGNAL」と、それぞれ違った道で活躍をしており、契約が切れる7年目がターニングポイントになりました。

 

第2のワンダーガールズmiss Aの解散理由

最後は、第2のワンダーガールズと呼ばれたmissAです。

デビューは2010年で「第2のワンダーガールズ」と呼ばれ、注目を集めていました。

音楽番組ではデビューしてわずか3週間で1位を取り、その年のmissAはさまざまな新人賞を受賞しています。

注目は、メンバーのスジです。2012年に出演した映画「建築学概論」をきっかけに「国民の初恋」と呼ばれるようになり、映画や広告モデルなど引っ張りだこで韓国芸能界の中でもトップクラスの人気ぶり。

 

この頃は、スジは注目が集まりすぎて同年代の中でも最も売れっ子と言われていたのですよ。

そのため他のメンバーとの仕事量があまりにも違うため、格差によって解散に繋がったのではないかという噂もありました。

解散の正式な理由は分かりませんが、スジの人気と共にmiss Aとしての活動が少なくなってゆきmiss Aとしてのグループ活動の意味がなくなってしまったことが原因として考えられます。

K-POP界は、次から次にグループが形成されてゆくのでこのプレッシャーに勝てなかったのでしょうね。

 

どうなるTWICEの魔の7年目のジンクス

最後にTWICEについて考察してみます。

TWICEは2015年10月20日にデビューしていますので、2022年10月19日に契約が終了に該当します。契約が終了にありますが、もちろん継続すれば良いだけです。

例えば2PMは、事務所を離れたメンバーもいましたが、2PMとして活動を続けています。

よって今人気絶交中のTWICEだけに継続になる可能性が高いと思います。

ただ、不安要素も何個かあります。

TWICE解散のリスク、メンバーの体調不良

 

ご存じの通り、TWICEはあまりにも人気がありすぎて過密スケジュールが問題視されております。

メンバーのジョンヨンは精神的な不調により2度も活動休止しており、日本人メンバーのミナも精神的な不調により1度活動休止をしています。

その他、メンバーの体調不良によるイベントの欠席も相次いでいます。

体調不良を理由に脱落するメンバーがいるかもしれません。

 

TWICE解散のリスク、メンバーの年齢

 

後は、メンバーの年齢です。若手が次々に誕生するKPOPアイドル業界。

TWICEの最年長であるナヨンは26歳で、一般的な女性アイドルの寿命を考えると分岐点にもなる年齢です。

ただ、所属事務所のJYPエンターテイメントとしては、人気のグループだけに余程の事が無い限り継続を選択すると思いますので後は各メンバーの判断を待つしかありませんね。

 

まとめ

今回は、韓国アイドルに広がる魔の7年のジンクスとTWICE解散の可能性について考察してみました。

TWICEは、BLACKPINKやITZYを抑えて人気韓国の女性アイドルグループ第一位。

必ずや継続してくれることを信じてJYPエンターテイメントからの正式発表を待ちましょう。

 

注目のGirlsグループ「Kep1er」(ケプラー)誕生。そのメンバーは誰

 

初歌唱に感動「NiziU」の勢いは止まらない。今から学ぶNiziU初級編

関連記事



関連記事



VOD
トモトモブログ